よくある質問

 

写真をクリックすると拡大されます。

石和誠心幼稚園には何歳から入園できますか?
2歳のお友だちともたのしくあそびます 2歳になると、「子育て支援」として、週3日から5日で、午前中または一日お預かりしています。

※満3歳児入園を受け入れていますので、3歳の誕生日を迎えると、年度の途中からでも正式な園児として入園できます。

※3歳児、4歳児、5歳児は、学年ごとの学級編成で保育をしています。

年度の途中でも入園できますか?
年度の途中でも入園できます。家庭の都合などで、年度の途中で入園する子どもさんも実際にいます。

入園申し込みは、いつからできますか?
春の菜園はお花がいっぱい 次年度の入園申し込みの時期については、山梨県の私立幼稚園での協議で、例年10月1日から募集要項をお渡しすることに、11月1日から入園申し込みを受付することになっています。
募集要項は幼稚園に取りに来ていただいてもいいですし、住所などをお知らせくださればお送りします。
石和誠心幼稚園の教育方針を教えてください。
一人ひとりの心身の状況をとらえてきめの細かい保育を心がけ、個々の特質を伸ばすよう努めています。

※知的でやさしく、そしてたくましく育つようバランスのとれた保育内容で、多様な経験ができることが大切だと考えています。

※ものごとに自主的、自発的に取り組める態度を養うとともに、友だちと協調して活動できる環境づくりを考えています。

多様な経験ができる環境づくり

石和誠心幼稚園の特色はなんですか?
身近で自然を楽しめることだと思います。
約500uの菜園には、クワガタやカブトムシが生息する大きなクヌギの木、モクレン・梅・キンモクセイなど花が咲く木、あんずやブルーベリーなど実のなる木など、いろいろな種類の木が植えてあります。
子どもたちは、花壇に花の種や球根を植えて、成長の様子を観察したり、きれいに咲く花を楽しみます。畑には夏野菜を植えて収穫したり、「幼稚園の野菜はおいしいね」と実際に食べたりします。
年に1回の親子ガーデニングでは、親子で押し花を作るなど菜園を利用した活動をしてます。
このほか、染め物や野菜スタンプなど菜園の植物を教材に利用しての作品を作ります。

身近で自然を楽しむ

※子どもたちの興味を引き出す様々な活動を取り入れていますが、何かに特化することなくバランスを保つことが大切だと考えています。
その中で、子どもたちが好きなこと、得意と思うことを1つでも、2つでも見つけられればいいと思います。

陶芸体験
様々なイベント

※すべての活動についてねらいを持ち、どのように展開していけばよいか考えて取り組んでいます。
知能教材の「SIあそび」は自分で考え、学ぶことはおもしろいと気づくこと、学ぶ姿勢が身につくように取り組んでいます。専門講師による「英語あそび」、「体操教室」、「マーチング」は、時間をかけて楽しみながら、すこしずつできるようになっていきます。

お勉強教室

※子どもたちが気づいたこと、興味・関心を持ったことを大切に、遊びや活動に広げています。

みんなで一緒に
給食はどうなっていますか?
週に4日、主食、副食、牛乳の完全給食があります。幼稚園給食を専門に作っている業者さんに委託して作ってもらっています。おかずの種類が豊富で、子どもたちの食べた様子を毎日確認して、栄養バランスに配慮してできるだけ子どもたちがたくさん食べられるように工夫してくれています。

※平成24年度より、山梨県の指導の下、給食食材については、県内の多くの学校、幼稚園、保育園が給食に使用する前日に放射性物質検査をしてもらっています。本園の給食食材についても、検査開始当初より検査してもらっています。
これまで、放射性物質が検出されたことはありませんし、検出された場合は直ちに使用を中止し、公表するとともに市場には流通させないことになっています。

※水曜日1日だけ家庭弁当にしています。子どもさんは、お母さんが作ってくれるお弁当が大好きですし、誠心幼稚園ではお弁当を通しての親子のつながりを大切にしたいと考えています。

給食でアレルギー対応はしてくれますか?
様々なアレルギーに対応した除去食を作ってくれます。除去食は、アレルゲンを含んでいる食材を他の食材に代替えしています。

※できるだけ子どもたちのアレルギーを拡げないように、主食はごはんを中心にしています。これは、日本人は体質的に子どものうちはごはんを主食にすることがアレルギーを抑制することにつながるという研究結果に基づくものです。

スイミング教室はありますか?
スイミングスクール 希望講座として、スイミングスクールを受講しています。
年中・年長児の希望者を保育時間中にフィッツ・スポーツクラブ青葉(甲府市青葉町)の室内温水プールへ、保育者が引率して受講しています。
指導はスイミングスクールの講師が行います。スイミングスクールを受講することは、水に慣れ、スイミングを楽しむだけでなく、体が丈夫になりますので、多くの方にお勧めするために保育時間中に受講しています。

課外教室はありますか?
保育時間終了後午後2時より、「課外体操教室」、「課外英語教室」、「よみかきなび(ひらがな教室)」、「課外リトミック教室」を開講しています。どの講座も子どもたちが楽しめるように工夫されていますが、本園以外の習い事も含めてあまり多く受講することは、子どもの負担になりますので、よく検討されるといいでしょう。 課外教室

延長保育はどのようにしていますか?
平常保育終了後、午後3時30分から6時00分は延長保育の時間です。
延長保育は、はじめおやつを食べて休みます。家庭弁当の考えと同じように、このおやつも家庭から持ってきます。お母さんとおやつの話をしたり、好きなおやつを持たせてもらうことで、子どもは延長保育をしていてもお母さんを感じることができます。

※延長保育については、別途に利用料金を負担していただいています。現在、毎日利用する場合は1か月6,000円、1日のみ利用する場合は400円です。

夏休みや、冬休み中も子どもを預かってくれますか?
夏休みは、7月25日から8月25日までです。夏休み中も、全員が対象の夏期保育を1週間、希望者が対象の預かり保育をお盆中の1週間を除いて毎日行っています。
預かり保育は希望者ですので1日400円の利用料金を負担していただいています。

※冬休みは、12月25日から1月10日までです。夏休み同様預かり保育を1週間程度実施しています。

※春休みは、3月26日から4月5日までです。春休みは新年度の準備や園内整備もありますが、預かり保育も3日程度実施しています。

建物の耐震は、どうなっていますか?
本園の建物は、すべて耐震検査が終了し、すべて耐震基準をクリアしています。

※平成23年度に、幼稚園と父母の会委員会で防災委員会を設置し、大地震が発生した際、園児 の安全を確保するために、幼稚園と家庭はどのように対処したらよいか、協議しました。それ以降、毎年防災委員会を開き、大地震の際の対処法について検討や確認を行っています。水・食糧を備蓄し、石油ストーブ・カセットコンロ・懐中電灯なども購入し備えています。

※天井などの非構造部材についても、平成24年6月に検査済みで異常は認められていません。平成27年の新しい基準に基づき、おゆうぎ室の天井については平成28年1月に補強工事を完了しました。

保護者が幼稚園に行く機会は、どのくらいありますか?
運動会やおゆうぎ会などの行事や保育参観など、平均して月に一回ぐらいです。
このほか、年に一回参加いただく係活動や、親子ガーデニング、図書の貸し出しの係があります。いずれも、集団の中での子どもさんの様子を知る良い機会だと考えています。

※お母さま方の希望者による、自主的な活動の場としてコーラスサークルと、手芸サークルがあります。幼稚園の活動に保護者の方が参加する良い機会になっています。

父の日参観や親子ガーデニング
図書貸出しやたなばたお遊戯会

子ども子育て新制度での認定こども園などについて、石和誠心幼稚園の対応はどうなっていますか?
石和誠心幼稚園は平成30年度は現在の幼稚園のままで、認定こども園や施設型給付の幼稚園に は移行しません。31年度以降については制度の状況を見ながら検討していきます。いずれにせよ本園は健全な幼児教育を行うことを目的としており、その観点で判断・対応していきたいと考えています。